トップページ » シンガポールワーホリ・留学の申請資格と流れ

シンガポールワーホリ・留学の申請資格

シンガポールワーホリ・留学の申請資格についてご紹介いたします。

シンガポールワーホリビザ申請の条件

学歴 日本、米国、英国、フランス、ドイツ、豪州、ニュージーランド、香港の大学に通う大学生、大学卒業者。
※該当する申請者であれば国籍不問。
年齢 18以上~25歳未満
※2012年12月1日より、対象年齢が変更いたしました。
滞在期間 最長で6ヶ月
就労制限 働く職種にとくに制限はありません。
就労ビザへの切り替え 期間終了時、正規就職先企業のスポンサードを得て人材開発省の一般就労パスを取得すれば「長期正規就労」への切り替えが認められます。

留学(学生ビザ)申請の流れ

STEP.1 お電話・メールフォームよりお問い合わせください。
弊社では無料カウンセリングをおこなっております。シンガポール留学についてご不明な点をわかりやすくご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

STEP.2 学校選び
留学先の学校選びをいたします。英語、中国語のご希望から留学期間、コースを決め、入学の申し込みをいたします。
※授業開始予定の3~6ヶ月前にカウンセリング開始、遅くても2ヶ月前に学生ビザ申請をします。

STEP.3 申請~審査
学校側がSOLAR+にて学生ビザをオンライン申請、約1ヶ月後、審査を無事通過したら学校側よりIPA(In-Principle Approval for Student’s Pass)が届きます。

STEP.4 学生ビザ発行の予約
渡航約2週間前にICA(入国管理局)で、学生ビザ発行のための訪問日をオンライン予約をいたします。

STEP.5 学生ビザの発行
シンガポール到着後、予約した日にちにICAに出向き、学生ビザの発行をします。
弊社では現地日本人スタッフによるICA同行サービスもおこなっております。

6ヶ月以上の留学、もしくは政府教育機関での就学ご希望のご生徒様は、必要書類、申請の流れが異なりますので、お問い合わせください。

ワーホリビザ申請の流れ

STEP.1 お電話・メールフォームよりお問い合わせください。
弊社の無料カウンセリングにて、シンガポールワーホリについてのご不明な点や弊社サービスについてご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

STEP.2 申請書の記入
シンガポールのワーホリ申請はオンライン申請のみです。MOM(シンガポール人材開発省)にて申請書をダウンロード後、ご記入し、必要書類を添付して送信します。必要書類として英文での在学/卒業証明書、もしくは入学許可書・パスポートのコピーが必要になります。申請はご自身でおこなっていただきます。また、英文での書類作成に関しましては、弊社にてサポート・サービスをおこなっておりますので、ご希望の方はお申し込みの際にご相談ください。

STEP.3 審査
申請後、審査を無事通過した場合、約3週間後にメールにてIPA(In-Principle Approval for the WHP)が送付されます。
IPA取得後、必ず3ヶ月以内にシンガポールに渡航しなければなりません。

STEP.4 ワークホリデー用就労許可書発行のためのオンライン予約
渡航約2週間前にMOMオフィスでの、ワークホリデー用就労許可書発行のためのオンライン予約をいたします。

STEP.5 ワーホリビザの発行
シンガポール渡航後、IPAと必要書類を持って予約日にMOMオフィスに出向き、就労許可書発行申請。
必要書類として、
  • ①ワークホリデーパス申込書一式
  • ②パスポート
  • ③オンライン予約時の予約票
  • ④シンガポール入国時に記入した出入国カード(アライバルカード)
  • ⑤入国から6ヶ月後の出国を証明する交通機関のチケット(飛行機、船、鉄道など)
  • ⑥ワーホリビザ発行費用S$150(クレジットカード支払い・VISAかMaster)
が必要になります。
写真が必要ですが、MOMオフィスに併設している写真屋にてS$6で証明写真がその場で撮影、印刷できます。
約4営業日後にビザが発給されるので、再度MOMオフィスにビザを受け取りに行きます。
*弊社では同行サービスも行なっておりますので、不安な方は弊社スタッフとビザ発行の手続きに行かれてください。

MOMオフィス01こちらがMOMのEmployment Pass Services Centreの入り口にある、手続き受付のキオスクです。

MOMオフィス01ビザ申請費用を支払、手続き後、こちらのモニターに名前が出たら、中央のカウンターにて指紋を取り、申請は終了です。
後日ワーホリビザを受け取りに、こちらのセンターに再訪します。

ページ上部に戻る